Ch桜大学

第75回「『亡国・愚策』の真珠湾攻撃はなぜ強行されたのか」

第75回「『亡国・愚策』の真珠湾攻撃はなぜ強行されたのか」
01最後まで「非戦・平和」を貫いた東條首相
02戦争をあおったのは、焚きつけられた者たちだった
03 歴史的愚策だった真珠湾攻撃
有料会員専用『亡国・愚策』の真珠湾攻撃はなぜ強行されたのか」(約41分)

目次

第三次近衛内閣の退陣で完成した戦争へのシナリオ(00:00~)
・近衛が描いた「後継首相は東條」 
・見抜いていた鳩山一郎

陛下と東條の非戦の決意(08:15~)
・最後まで「非戦・平和」を貫いた東條首相
・戦争をあおったのは、焚きつけられた者たちだった
・島田俊雄議員の熱弁

歴史的愚策だった真珠湾攻撃(24:50~)  
・米国議会と世論も「非戦・平和」だった
・永野修身と山本五十六
・亡国の真珠湾攻撃はなぜ行われたのか
・敗戦の要因=大東亜戦争は太平洋戦争になった
・「奇襲成功」に近衛は?そして風見は?

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE
03-6419-3900