Ch桜大学

第12回「『米中草刈り場』日本の総裁選①」

第12回「『米中草刈り場』日本の総裁選①」
01菅総理はなぜ辞めなければいけなかったのか
02日本国総理が決まるプロセス
03『米中草刈り場』日本の構造問題
有料会員限定『米中草刈り場』日本の総裁選①(約48分)

目次

歴史の流れから視る「菅首相退任と総裁選挙」(2;46~)
・200年の資本主義を振り返る
・マネー主義の三角構造から日本の現状を直視する

日本の首相は「草刈り場」の管理人(13:21~)
・国際ビジネスリーダーからの要請を受けていた菅官房長官
・コロナ禍下で進められる中小企業潰し
・菅首相の師匠、デービット・アトキンソンは工作員か?(19:49~)
・「中小企業には消えてもらうしかありません」
・外資に買われた上場企業、次は中小企業

第二次安倍政権を振り返る(27:48~)
・「Japan is back」安倍晋三の変貌
・株主資本主義、水道・種苗法、移民…CFR(外交問題評議会)の影響力
・今井補佐官の驚きの天下り先
・日本首相の構造問題―「国益」を言わない政治家たち
・中共に支配される日本政治のピラミッド構造

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE
03-6419-3900